説明している医者

年々増える歯医者

マスクをした女性

テレビのクイズ番組で出題されるほど歯医者さんの数がコンビニの数よりも多いということは意外性があるようです。この事実が示すことはどこの場所に行っても歯医者さんには困らないということです。その分、それぞれの歯医者さんは他の歯医者さんと同じようなことをしていても患者さんが増えないとも言えます。また、地域によって治療技術も様々なので患者さんの方も事前に情報収集をきちんとしてから納得した上で治療を受ける必要があります。もちろん歯医者さんとの相性もありますから一度診察してもらった後にしっくりこなければセカンドオピニオン、サードオピニオンと次々に他の歯科医院に移ることも可能です。数がある分、患者さん自身がきちんと吟味して歯科医院を選ぶことが重要です。

歯医者さんを利用するきっかけとなるのは、やはり学校や自治体、会社の健康診断で受診を促される場合が多いようです。虫歯の症状は自覚しにくいことが多くやはり健康診断の一環として定期的に歯医者さんを受診することが必要です。とくに歯が生え始めたくらいの小さな子供に対して最近では健康診断のときにフッ素塗布をすすめられることが多いです。小さな子供が歯を磨くのを嫌がる場合1回1回の歯磨きのたびに親は格闘の連続なので、毎日の歯磨きだけでは虫歯予防が万全ではない可能性があります。そのようなことを考えて自治体ではフッ素塗布をすすめているようです。乳歯が虫歯になると永久歯も影響を受けるので歯が生え始めたときから気をつけることが重要です。