説明している医者

治療法の把握

口の中を診察する

歯並びが悪いことを不正咬合(ふいせいこうごう)といいます。不正咬合にはいくつかの種類があります。歯のサイズがバラバラで整っていなかったり、大小の歯が重なり合っていたりする歯並びのことを叢生(そうせい)といいます。叢生の人は歯ブラシが歯の隅々まで届かないので虫歯になりやすい傾向があります。 いわゆる出っ歯のことを上顎前突といいます。上顎前突は上顎の成長不足などが原因でなります。下顎の歯が上顎の歯よりも出ている受け口のことを下顎前突といいます。下顎前突の人は発音がしにくい傾向があります。奥歯はかみ合っていても前歯が空いた状態になることを開咬といいます。開咬は舌をつきだしたり赤ちゃんの頃の指しゃぶりなどが原因でなることもあります。

叢生や上顎前突や下顎前突、開咬などは、歯列矯正によって修正することができます。歯列矯正は歯の状態にあった矯正装置をつけて歯を正しい位置に戻して行く治療です。 歯列矯正で使用する矯正装置にはブランケットやセラミックブランケット、マウスピース、矯正インプラントなどがあります。また、裏側矯正と表側矯正というのがあり、裏側矯正を選択するとほとんど歯列矯正していることがバレないというメリットがあります。 子供のころに早くから歯列矯正を行うと、顎の骨の成長を利用して矯正することができるので、短期間かつ自然に矯正治療を終わらせることができます。今は大人でも短期間で治療が完了するスピード矯正という矯正法も登場しています。