説明している医者

予防が大事

歯が痛くなった

皆さんは予防歯科という言葉をご存じだろうか。 歯医者には大きく分けて出来てしまった虫歯を治療したり、歯肉炎の治療をしたりする歯科治療と、歯石や歯垢を取り除き、適切な歯磨き指導などを歯科衛生士のもとで行う予防歯科の分野がある。 以前は治療の合間に歯科助手が清掃をしたりすることが多く、虫歯の治療の時にしか歯磨き指導を受けないことが多かった。 しかし現在は3〜4か月に一回来院して口の中全体の清掃を行い、虫歯の有無や歯茎の健康をチェックする予防歯科に力を入れている歯科医院が多くなっている。 特に子供のころからの歯磨きの習慣、定期的な歯科への来院によって将来の虫歯リスクを減らし、歯と歯茎の健康維持に大きく役立っている。

歯垢が固まって石灰かした歯石や細菌同士が集まって硬く固まったバイオフィルム。これは一度取り除いても3〜4か月で再構築されることが証明されている。 そしてこの歯石やバイオフィルムは通常の歯磨きでは決して取ることが出来ず、 歯科医院による専門の器具を用いたクリーニングが必要になってくる。 このため、3〜4か月に一度の定期検診が必要となってくる。 3〜4か月に一度定期検診に通うことで虫歯や歯周病の原因となる歯石やプラークを取り除き、虫歯リスクを減らすことが出来る。 また、新たにできた虫歯も早期発見が可能であり、結局治療回数を減らすことが出来る。また、定期検診に通うことで将来的に残せる歯の本数が飛躍的に高まることも海外のデーターにより実証されている。